通訳案内士登録のために県庁へ行きました

前回の記事で、私は心療内科へ行き通訳案内士登録のために必要な健康診断書を手に入れたのでした。

他の書類は登録申請書、住民票、履歴書、顔写真、身分証明書、通訳案内士試験合格証明書でした。これらの書類をそろえて私は愛知県庁へ向かいました。更に、手数料として5,400円分の収入証紙を県庁内で購入する必要があります。

県庁ですから当然、土日はやっていません。有給休暇を使って行きます。しかも県庁の担当者は、約束をしておかないと会えません。彼らは会議などで席を外すことが多いんです。

だいたいこういう業務って一人で担当しているから、その担当者が不在だと、他の職員は

「担当が不在なので分かりません」

と口を揃えて 言います。公務員はこういうことを言うから仕事ができない、と批判する人が出そうですね(笑)まぁ民間企業でも同じようなことはあると思いますが。

私は事前に約束して行ったので、担当者と会うことができました。

用意した書類を県庁の乱雑な事務室の机の上に広げ、担当者に見せます。彼は内容を丁寧にチェックして、OKを出しました。

ここから更に、10日ぐらいかかります。決裁に回すと言っていました。私を通訳案内士として登録して良いのか、偉い人がチェックして、順番にハンコを押していくのでしょう。ハンコが10個ぐらいずらっと並ぶと、決裁が降りるのだと思います。5個ぐらいかもしれませんね。

その後は簡易書留で登録証を送ってくれるらしいです。追加で392円分の切手を買って渡す必要がありましたが。これも、サービスしてくれれば良いじゃん、とか県庁はケチだとか思う人が居そうですが、それは即ち通訳案内士登録をする人というごく限られた人に税金を使うということですから、他の県民としては嫌でしょうね。

そういえば県庁の人の机の上を見たら「世界コスプレサミット」というファイルがありました。名古屋でやってるイベントなんですよね。なかなか面白そうな仕事をしてるんだな〜、と思いました。

さて、こんな感じで登録申請を済ませました。後は登録証が送られてくるのを待つのみです!

通訳案内士登録のために心療内科に行ってきました

通訳案内士という資格は、試験に合格するだけでは「通訳案内士」を名乗ることができません。都道府県知事に申請し、登録することで初めて我々は「通訳案内士」になります。それまでは「通訳案内士試験合格」としか言えません。

私の勤務先は副業が禁止されているので、現段階で私が通訳案内士として登録するメリットはあまり無いのですが、やはり通訳案内士としての身分証を持ち、それを名乗ることが役に立つこともあるのではないか、と思ったので登録することにしました。

さて、登録の方法なのですが、これが意外と面倒です。用意する書類がたくさんあります。履歴書とか住民票とかです。

その中で、見慣れない書類があります。

精神障害を持っていないことを証明する医師の診断書

というのを用意しなければならないのです。なんだそりゃ?

様式は県庁のHPでダウンロードできるのですが、これはいったいどういう医者に行けば書いてもらえるのかよく分かりません。愛知県庁の担当者に聞いたら

「普通の内科でも書いてもらえますよ」

とのことでした。普通の内科ってそんなこと診断するのか?という疑問がありますが、公務員の人って、書類が整ってさえいれば深く突っ込まないんですよね。とにかく医者が書いて印鑑が押してある書類を提出しろということでしょう。

というわけなので、今日、近所の内科に行ってみました。

ダウンロードしてきた診断書の様式を 見せると

「これはうちでは診断できません。心療内科に行ってください」

と言われました。騙された!というよりは、やっぱりね、という感想を持ちました。精神の障害は内科の先生じゃあ診断できないでしょう。

思ってもみない用件で、私は初めて心療内科に行くことになったのでした。

着くと、患者がめっちゃいっぱい待ってました。お互い顔が見えないように、入り口に対して背を向けてみんなテレビ画面の方向を向いて座っています。そういえば肛門科もこういう感じでした。

保険証を出すと、紙を渡され

「実のなる木をこの紙に書いてください」

と言われました。私は

「実のなる木ですか?」

とそのまま聞き返してしまいました。本当に実のなる木を書かなきゃいけないみたいだったのでしかたなく、ヘタクソな木の絵を紙に書きました。

これは性格診断だったようで、私は「いらいらしている」と診断されました。たかが木の絵なんかで、そんなん言われたくないわ!と思いました。イライラしてるんでしょうかね(笑)

私の番が来て、先生に通訳案内士の登録で診断書が必要だと告げると、少しだけ質問されました。勤続何年目で、人間関係は問題無いかなどと聞かれました。

仕事しながらわざわざ通訳案内士の登録をするぐらいですから、多少は人間関係の問題はあるわけですが、今まで何事もなく勤務してきたので、まぁ正常な範囲だと思って、問題は無いと言っておきました。

先生はすぐに診断書を書いてくれました。これで私は登録のための最も面倒くさい書類を手に入れることができました。

そして診療費が、2,050円かかりました。けっこう高いですね。

難関はクリアしたと思いますが、まだ県庁に行って登録するまで、何が起きるかよく分かりません。続きはまた書きますね。

通訳案内士資格とは

日本には通訳案内士という資格がありまして、日本では語学に関する唯一の資格です。

TOEICと英検は資格じゃないの?と思うかもしれませんが、あれは検定であって、資格では無いんですね。通訳案内士の外国語の種類は10言語(英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語)あり、それぞれが別々の資格になっています。英語の通訳案内士がフランス語の通訳案内士になろうとしたらフランス語の通訳案内士試験を受けなければなりません。

通訳案内士試験は、合格して県庁に登録すると、身分証が交付され、通訳案内士を名乗ることができます。

以前は、通訳案内士の資格が無いと外国人を案内して報酬を得ることができなかったのですが、2018年の法改正により、資格が無くてもできるようになりました。つまり誰でも、外国人を案内する仕事をしても良いんです。

では通訳案内士の資格って何の意味があるの?ということなんですが、ガイドのランク付のような役割を果たしています。

現在、ガイドの求人を見ると、依然として通訳案内士の資格を持っている人に限るという求人が多いです。資格を持っていれば、それだけ就業するチャンスを得られやすいということですね。

今後もし、無資格のガイドが活躍することがあれば、通訳案内士の資格は本当に無用の長物になりますが、今はまだガイドの質を保証する効果がありますので、持っておいて損は無いと思います。