『通訳ガイドというおしごと』のレビュー

通訳ガイドの仕事内容について理解するには、この本を読むのが最適だと思います。

医者になる方法は、簡単に分かります。医学部に行って医師国家試験に合格すればなれます。

サラリーマンになる方法も分かります。採用面接で合格すれば良いです。

しかし、通訳ガイドになる方法はよく分かりません。資格を取るだけでは仕事が無いですから。

この本『通訳ガイドというおしごと』はその疑問についてかなり詳しく説明してくれている本でした。

私は通訳ガイドの新人研修を受けたことがあります。そこでは、座学で通訳ガイドがどうやって仕事を取るのかの説明もありましたが、この本の内容とほぼ同じでした。この本はかなり密度の濃い情報を提供していると思います。

かと言ってこの本を読んだらガイドの新人研修に行かなくて良いということはありません。新人研修は仲間ができますし、現場でのシミュレーションができますので。

『通訳ガイドというおしごと』は通訳ガイドの仕事について知りたかったら真っ先に買うべき良い本だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です